2012年01月27日

ゆ る

「ねえ、節分然り、どうして鬼が人間界に出てくるの?」


「暇だからでしょうね。鬼は職業が無いんですよ。狩猟とかしかしてないから。感情は人間と似てますね。専門家に言わせると「喜怒哀楽殺悦惨悲」らしいですね。ちなみに「来年の話をすると鬼が笑う」って言いますけど、笑うのはなぜか自分でも分かってないです。考えたことないから、なぜかとか。「来年のことなんか考えてられるかい」っていうことで笑ってるんでしょうけど、それで笑えてることがまたアホですし。大体何も考えてないし、基本、何も知らないんです。八つの感情の状態が入り混じってるだけです。基本、哲学とかそういうのも何も無いんです。そういうやつらって直情的に動くから、すぐ飛びつくんですよ。人間って色々してるでしょ。それで出てくるんですよ。暇やから。祭りとか。あと、人間が鬼のいるところにまで出てきたっていうのもあるでしょうね。うん、人間が鬼のいるところにまで出てきたっていうのが本当でしょうね。好奇心もあるでしょうけどね。その三つですね。暇やから、鬼のいるところにまで人間が出てきたから、好奇心、この三つですね。暇⇒ぶっ殺して欲望の限りに生きるってうのは、あまりいないですね。まぁそういうやつは身内の鬼同士で揉めて殺されるから、なかなか人間界には来ないですね。いやしかし、物騒な世の中になりましたね。鬼の話が出るなんて。」


posted by トサマル at 23:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

旧ネタクラッシック

(とあるパン工場)

ジャム叔父:次の方どうぞ

     ※:(ガチャ)失礼しまーす

ジャム叔父:じゃあ、「名前・特徴・必殺技」を。できるだけ簡潔にね。

     ※:はい。では、名前は「パンタロンマン」。特徴は…

ジャム叔父:待って待って…

パンタロン:は?

ジャム叔父:パンタロン?

パンタロン:はい。

ジャム叔父:パンタ、、ロン?

パンタロン:だから、はい。

ジャム叔父:パンタロン?キャラに関しては一応私が「製造できる」っていう設定なんだよ。パンタロン?なんで私がパンタロンを?一応パン工場だし、せめて食べ物にちなんで欲しいのだが。。

パンタロン:そんなことは僕の知ったことじゃないです。私に関してはバタコ氏が趣味も兼ねて作ってるとか、そんな感じで幅を持たせればいいんじゃないですかね。

ジャム叔父:バタコか。バタコが趣味でパンタロンを。。少々鼻に付くが、まあいいか。アンパンのマントも作ってるわけだし。よろしい。で、特徴は。

パンタロン:『何事も末広がり』がモットーです。

ジャム叔父:ん?何だって?よく分からんよ?パンタロンだけに、と言いたいようだけど、具体的には?

パンタロン:僕が関わると、ちょっとしたことでも大事件になるのです。

ジャム叔父:それは特技かい?特技と言っちゃっていいのかい?

パンタロン:良いと思いますね。そういうトラブルメーカーも1人はいていいかと。毎週のストーリー作りの負担も軽減できるでしょうし。

ジャム叔父:う〜〜ん。。なんか、変化球過ぎるなぁ。。

パンタロン:まあ、アンパンチも増幅できますしね。

ジャム叔父:え、そうなのかい?

パンタロン:もちろん。「末広がり」ですから。

ジャム叔父:それは便利だね。なんでそれを最初に言ってくれなかったの。今思いついたのかね?

パンタロン:・・・まあ言える事は、『全部ひっくるめて末広がりだパンロン!』 キメ台詞です。パンロン!

ジャム叔父:あん?

パンタロン:嘘です。

ジャム叔父:で、必殺技は?

パンタロン:アンパンタロンです

ジャム叔父:アンパンタロン?どんな技かね?

パンタロン:さっき言ったやつです。

ジャム叔父:?。ああ、アンパンチを増幅させる

パンタロン:ええ。彼とのコンボですね。

ジャム叔父:しかしどういったビジュアルなんだね?

パンタロン:まず僕がパンタロンを脱ぎます。で・・

ジャム叔父:待った。・・その時君は何だね?

パンタロン:は?

ジャム叔父:いや、脱いだパンタロンの方か、ただの人体の方か、君の本体はどっちだね?

パンタロン:勿論人体の方です。アンパンさんの顔があくまでパンであるのと同じで、僕のパンタロンもあくまでズボンです。

ジャム叔父:じゃあパンタロンを脱いだ君の下半身は?

パンタロン:裸です。中学生ぐらいの裸です。

ジャム叔父:それはイカン。何か下着を履きたまえ

パンタロン:それは譲れません。それをするとパンタロスの力が薄れて効力が弱まります。

ジャム叔父:パンタロスとは?

パンタロン:パンタロンの神です。古くは古代ギリシャの…

ジャム叔父:もういい分かった。。で、アンパンが君の脱いだパンタロンの中にパンチをする、と。

パンタロン:ええ。裾からパンチが5倍になって出てきます。

ジャム叔父:それはすごいね。

パンタロン:ええ。別にパンチでなくても構いません。キックとか武器とか、チーズ氏とかでもいいです。

ジャム叔父:そうはさせん。ところで弱点なんかはあるのかね?

パンタロン:パンタロンが汚れていると思い通りの力が出ません。

ジャム叔父:ほう。つまりアンパンの顔が綺麗でも、パンタロンが汚れていると意味が無い、と。

パンタロン:その通り。通常時、いや通常よりも少し衰えるアンパンチになります。

ジャム叔父:衰えるのかね。。

パンタロン:はい。また、パンタロンが綺麗で、アンパンさんの顔が汚い時も同様です。そして最悪なのはパンタロンもアンパンさんの顔も両方汚い時です。両方綺麗な時と同等の力が全てアンパンさんに降りかかることでしょう。これを『パンタロス・ギルティ』と言います。パンタロスは誇り高く、汚いものを拒みます。

ジャム叔父:そうなのかい。そこだけえらい詰めた設定だね。。しかしそれは困るな。代えのパンタロンが必要だね。

パンタロン:ええ。是非その旨をバタコ氏に。

ジャム叔父:ふむ。しかし君のパンタロン、そんなに汚れるのかね。

パンタロン:まあ、何もしなくても半日履けば汚れますね。中2の盛り真っ最中ですし。

ジャム叔父:そうかね。。それはアニメで汚れを表現しにくいな。なんとかならんのかね。

パンタロン:無理ですね。中2の盛り真っ最中ですし。末広がりの盛り真っ最中ですし。

ジャム叔父:そうかね。。他に何か特徴は?

パンタロン:ああ。新しいのに着替える時は少々時間をくださいね。アンパンさんみたいに一瞬というわけにはいきませんから。

ジャム叔父:ふうむ、いちいち脱いで履くわけだしな。それは大分手間取った絵になるな。。しかしどうせ使うときに脱ぐんだから、いちいち履かなくていいんじゃないのか?バタコが直接新しいパンタロンをアンパンに渡して使わせたら。

パンタロン:ちょっと待ってくださいよ。それじゃなんかサッパリしすぎじゃないですか。僕、なんの意味も無いじゃないですか。

ジャム叔父:うむ。いっそのこと「そういう道具」ということに。。

パンタロン:ちょっと待ってください。僕がいないと「ちょっとしたことでも大事件になる」能力が出ないですよ?そうなったらバイキンマンも来ないですよ?

ジャム叔父:じゃが、それにこしたことはないしのう。。

パンタロン:いやいや。違いますって。パンタロスが、そうそうパンタロスの力です。僕が履かないとパンタロスの力が溜まりません。そうしないと増幅作用もありません。バタコ氏が作ったパンタロンなんてただの○○臭い布切れです。

ジャム叔父:殺すぞ。

パンタロン:嘘です。すいませんでした。

ジャム叔父:ふうむ。で、そのパンタロンの力は、新品のパンタロンの場合、履いてどれくらい待てば溜まるんだね?

パンタロン:だいたい1時間、いや、7分、5分で溜まります。

ジャム叔父:ほんとかね?

パンタロン:はい。溜まります。溜めてみせます。

ジャム叔父:しかし均衡した状況での5分は長いな。。

パンタロン:そこはなんとか工夫お願いします。アンパンさんが新しい顔で奮闘するなり、新しいパンタロンだけ早目に調達するなり。なんなら僕が戦闘のBGMに乗せて踊ってもいいですし。どうせ力溜めるのに一定のステップ踏まないといけないんで・・

ジャム叔父:いやそれは遠慮する。ふうむ。。で、他に特徴は?

パンタロン:そうですね・・あ、カレーさんは勘弁してくださいねw。パンタロンにカレーとかw

ジャム叔父:ふむ。。そうじゃなw普通に汚れとるしなw

パンタロン:ええwその場合新品でもパンタロスの力一気にゼロですよw

ジャム叔父:そう言う意味ではバイキンマンも使えんな。すぐに汚れる。

パンタロン:あ、それいっすね。悪用されることはないと。あ、じゃあストーリー前半で一回パンタロンナちゃんが悪用されて・・

ジャム叔父:あん?

パンタロン:あ、嘘です。

ジャム叔父:まあだいたい分かったよ。結果は追って連絡する。

パンタロン:はい。あ、よかったらこれどうぞ

ジャム叔父:なんだねこれ?

パンタロン:自家製パンタロンです。みなさんの分もあります。なんやかんや考える前に履いてもらうのが一番なんで。

ジャム叔父:そうかね。(スッ)あ、いーなーこれ!採用!

パンタロン:ヤタッ!
posted by トサマル at 19:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

   

その大会は慎ましやかに行われた。

2週間前、大会の規模について委員会で激論が繰り広げられた。
委員会といっても会長とツレと、ツレの知り合いであるフリーターの計3人。
会長といっても20代後半の一般社会人だ。
会議は土曜の夜に行われた。
前日に会長とツレで、会議室を借りるかどうかの相談があった。
市の青少年センターのようなところで
割と安価で会議室の貸し出しをしていることを調べ、場所も近く、
会議室を借りた事がない会長は俄然テンションが上がった。
posted by トサマル at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。